住宅ローンの限度額

いくらまで借りられる?住宅ローンの限度額

住宅ローンの限度額

 

マイホームを購入する時には多額のお金がかかるために住宅ローンを利用する人がほとんどです。

 

しかしローンは誰もが好きなだけ借りられるわけではありません。

 

そのため、欲しい住宅を購入する前に、金融機関の審査を受けて、必要な額のローンを組めるかどうか審査を受けなければなりません。

 

金融機関は土地や建物の担保の評価、年収、勤務年数、勤務先、勤務形態、その他の借り入れなどを考慮して、審査を行います。

 

そこで住宅ローンを利用する時の限度額についてご紹介したいと思います。

 

 

住宅ローンの借り入れ額は一般的に年収によって制限されます。

 

年収に対する年間の返済額の割合を返済負担率といい、この返済負担率を計算することで、どれくらいの金額を借りられるかを把握することができます。

 

返済負担率の一般的な目安は、年収400万円未満は30パーセント以下、400万円以上は35パーセント以下となっています。

 

例えば年収500万円の人の場合は、175万円が返済負担率の上限となり、これ以上になる金額は借りることが難しくなります。

 

この金額に金利と返済期間を条件に、借りられる金額が決まります。

 

金利を4パーセントで試算すると、年収500万円の人のおおよその借入限度額は、20年のローンを組む場合には2392万円、25年では2747万円、30年では3037万円、35年では3274万円となります。

 

しかし、この返済負担率には、その他のローンも加えられるので、車などのローンがある場合には、住宅ローンで借りることができる金額はさらに減ってしまうのです。